5月5日快晴の男木島にて、初節句のお祝いと漁師として独り立ちする2人の若人の進水式のお祝いがありました。先導船に導かれ、2杯の笹や鯉のぼり、大漁旗で飾られた船にそれぞれ乗り込み華々しく男木港に入港してきました。厄の先払いという事で島の子どもたちも加わり、盛大に紅白のお餅を船上から投げ入れました。2つのお祝いは実に20年ぶりに行われ、それぞれIターンで男木島に住むようになった人たちが主役となり新しい男木島のこれからを強く期待させてくれる素晴らしいものでした。

IMG_0222

IMG_0225

IMG_0224

カテゴリー: 移住

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください