Search
Search Menu

アワビの稚貝を放流して思った事

鮑

2年で3〜5cmに成長したアワビ。餌の影響で天然物より緑色の殻になっている。

東瀬戸漁業協同組合の男木青年部で、徳島県海陽町にアワビの稚貝を買い付けに行って来ました。東瀬戸漁業協同組合は男木島と女木島の両組合が漁業従事者(組合員)の減少の為、平成25年1月に新たに合併し発足した組合です。

男木島生活研究所のメンバーにも若手からベテランの組合員が在籍し(私も准組合員)、NPOとして干しえびの販売やワカメの養殖を研究して6次産業化にも取り組んでいます。

参考:男木島生活研究所の干しえびの記事

Read more

男木島の空き家事情

U・Iターン者の増加に伴い、男木島の空き家を取り巻く状況がここ3年間で大きく変わって来ました。衣食住の「住」が無ければ、何も始まりません。男木島(町)がある香川県高松市でも空き家について議論される事が近年増加しています。そこで現在の男木島の空き家事情と問い合わせ頂いた事例をご紹介したいと思います。

Read more